編んでほどいて、また編んで

趣味は編み物。ニッターでもシンプルライフがおくれるか試行錯誤の日々

食器を減らして食器棚を譲りました

f:id:yamatoco:20180216105902j:image

以前はこれと同サイズの食器棚を使っておりました。

ちなみに、結婚する際にこのシェルフと一緒に購入したものです。

昔で言う嫁入り道具ってやつ。

 

でも食器も学生時代に実家から持ってきた物はナイフ以外は存在しておらず、気に入っていない微妙なものから、お気に入りに総入替すると徐々に減っていきました。

 

f:id:yamatoco:20180216105905j:image

f:id:yamatoco:20180216105908j:image

 

やはり赤。

 

赤が好き。

 

今冬、イッタラティーマの赤い大皿4枚をリサイクルに出し、耐熱カップを4つ、グラス2つを捨てました。

結果、スカスカになった食器棚を、欲しいという方に譲りました。

もう現存している食器が割れるまで、暫く買い足しません。

 

 f:id:yamatoco:20180216110553j:image

 

これもお気に入りのスプーン。

娘とお揃い。

 

お花好き。

 

続く。

 

洗濯洗剤は買ってないよ

f:id:yamatoco:20180215114526j:image

昨日はバレンタインデーでしたね。

私は生地作りのみ行い、型抜き、デコレーションを子どもが行いました。

皆でつつくクッキー。

 素朴だけど食べ出すと止まらない。

 

 

数ヶ月前に、洗濯洗剤を切らして以降、セスキ、クエン酸で洗ってきましたが、とうとうそれも底をつき、現在、何で洗っているかというと…。

 

f:id:yamatoco:20180215114915j:image

 

これ。

 

マジックソープ

大容量。

 

食器洗い、洗顔、メイク落とし、ボディソープ、ハンドソープを兼ねております。

トイレ、お風呂、洗面所もこれで洗っております。

 

特に問題、不都合はありません。

 

脱石油を目指してから約半年。

洗剤、化粧品は取り除けた様に思います。

 

続く

ピンチをチャンスに、捨てたインナーと依存

おはようございます。

相変わらずぐだぐだな私ですが、この冬は思い切りました。

 

f:id:yamatoco:20180214092107j:image

上の子のハンカチ。

端をレース糸でかがるだけ。

 

 

私の冬のアウター、インナーに対する考え方。

屋外で凍えないくらいの防寒力でよい。

です。

 

f:id:yamatoco:20180214092607j:image

ノースリーブにニットコートとか

 

日本国内において屋内は、ほぼ暖房が効いています。

目的地は大抵屋内ですから、困りません。

移動は歩きか、公共交通機関を使います。

歩くと体が温まってポカポカです。

歩くの好きです。

公共交通機関も暖房効いてますしね。

今冬の内にスヌードをサヨウナラする予定です。

首は温めよと言いますが、温めすぎもよくないと聞いたことがあります。

 

実家は雪国ですが、雪の季節には帰りません。

 

数年前、下の子を産む際に帰省出産をしましたが、12月下旬から2月下旬と雪シーズンど真ん中。

久々の雪国生活が堪えました。

もはや私に冬の雪国へ足を踏み入れる資格は無いとみた。

 

2月に入ってから徐々に、『極寒の雪国でもないのだし、寒さへの武装もほどほどでよいかも』と思うようになりました。

 

あら、あなた。

洗濯物、減らすならいつ??

 

今でしょ。

 

一昔前のフレーズが降臨。

 

私が手放したのは長袖インナーと胸元の開いたセーター。

そして…。

 

袖口からチラッと見える長袖インナー。

ダサッ。嫌だなー。っていう感覚。

首すじからチラッと見える長袖インナー。

何かスッキリしないなー。っていう感覚。

 

子どもは長袖インナーなんてなくても何てことない。

暑い暑いとコートまで脱いで、屋外で遊んでいる。

 

代謝がよくなるために出来ることをしようと思う今日この頃。

 

乾布摩擦??

 

続く。

今日もパンを焼く、そして服を捨てた

f:id:yamatoco:20180213102732j:image

 

物の役割を限定してしまうと、他に使えそうでも、使えなくなる。

脳が、例えば〝手ぬぐいは拭くだけ〟と思い込んでしまえば手ぬぐいは拭くだけで終わる物だけれど、何かの都合で鍋敷きが一時的に無い状態の時、買う以外に凌ぐ方法を模索する。

そこで〝化繊やシルクでなければ代用可能〟にいきつけたなら、そばにあった手ぬぐいで代用し、買わずに済む。

 

手ぬぐいはマルチに使えると認識する。

生活能力のレベルアップ。

 

そう思い出したら、物が少なくてもなんとかなるなぁ、と自信に満ちてくる。

 

この冬は私のパフォーマンス能力低下を実感し、それが底辺時でも家事全般ををこなせるよう、動線を見直した冬となりました。

と同時に、趣味の編み物の時間を確保するために何をどうしたら良いのか考えました。

 

結果

 

長袖インナーへの依存、現物を捨てました。

実用的でない服は捨てました。

洗濯洗剤を買わなくなりました。

食器、調理器具を減らしました。

食器棚をお譲りしました。

子ども服を捨てました。

子どもの動線も見直しました。

お酒の量を減らしました。

折りたたみでない普通の傘を捨てました。

おもちゃ、子どもの習い事道具を薬箪笥にまとめました。

 

明日に続く。

分かり合えない

思春期のこと。

 

友達という存在が欲しいけれど、友達になりたいと思う人がいない。

と飢えを感じておりました。

クラス移動は一人の時もあれば、誰かと一緒ということもありました。

 

クラスではいじめもあったので、いじめのターゲットが代わるたび、その被害者が私の所に来て、ターゲット解除になると去っていきました。

私は追いませんでした。

 

皆私にとっては、つまらない人達でした。

やりたいことがあって入学した学校でしたから、煩わしい事で目的を邪魔されたくありませんでした。

でも心の奥底では気の合う友達が欲しかった。

 

「いつかそう思える人が現れるのかな。」

漠然と思って過ごしました。

 

そんな時、母から

「あなたは、さすらいの孤独な狼らしいわよ」

と言われ、動物占いの本を渡されました。

「なるほどなぁ」

と私は思いました。

 

占いは信じておりません。

 

でも、そうなのかもしれないと腑に落ちました。

 

そんな思春期を過ごしたからか、自分の意志を曲げてまで、他人に迎合することが出来なくなりました。

私は、自分しか信じていない傲慢な人間なのかもしれません。

 

最近そんな性格が災いしてか、いわゆるママ友から批判を浴びました。

間接的に。

直接批判されれば説明できようものを。

 

批判の内容はPTAの運営が独裁的だというものでした。

 

次代に引き継ぐ際に簡素化し、

ただでさえ面倒くさくて、煩わしい。

誰もやりたくないものを片手間で簡単にできるものにしたいという思いからの行動でした。

 

しかし、

今までやってきたことを変えてはいけない。

次代のことは今考えなくていい。

今までなんとかやってこれたんだから問題ない。

そんな権限はお前にない。

変えたいならお伺いを立てなさい。

 

この真意は?

私達を否定するな。

片手間でやるなんて卑怯だ。身を削れ。

なのかと私には聞こえるのです。

 

よい解決策は無いかなと考えましたが、歩み寄りは無理との結論に達しました。

考え方が違いすぎて。

 

大人なのに。

こんな母ですまない。

 f:id:yamatoco:20180208190342j:image

仲間入り

 

赤い宝石

f:id:yamatoco:20180109100843j:image

ハウス栽培の苺が出回り始め、娘と毎朝ウキウキしている今日この頃。

 

柄にもなく苺が好きで、苺好きが娘に伝染?遺伝してしまいました。

 

農業技術の発達によっていつ何時でも欲しい野菜が手に入るのはありがたいことですが、一方で、自分の子は野菜や果物の旬を知らない子に育つのかなと危惧もしています。

 

まだ田舎に住んでいた頃、

〝都会の子は野菜がどう生えているかを知らない〟という話を聞いて、

「そんな馬鹿な。」

と思った記憶がありますが、このまま育てば自分の子らはそうなりそうです。

 

里芋の葉が大きくて、水を弾くとか。

ネギの花が意外にかわいいとか。

知らないよね。

 

田舎のあるうちに経験させておきたいものです。

 

今日から子どもが通い先に行き始めました。

明日からお弁当も始まります。

 

先ほど家事を終わらせたので、これからネイルを塗り直します。

やっと一人の時間が私に訪れた。

 

少し前、久々にジェルネイルをしたのですが、もちがいいこと以外にメリットを見つけられなかったため、

(取れかけの際、洗髪時に髪が爪とジェルの間に入る感覚に耐えられない泣)

速乾性があり、もちがよいと評判のOPIを購入しました。

 

f:id:yamatoco:20180109103210j:image

 

所々、やはり赤。赤が好き。

あけましておめでとうございます。

12月初旬から本格的に寒くなり、私のパフォーマンス能力が著しく低下したため、更新の頻度がめっきり少なくなりました。

 

雪国生まれ、雪国育ちのくせに寒さに滅法弱い私ですが、本年もよろしくお願いいたします。

f:id:yamatoco:20180106024700j:image

年明けに買ったお菓子から珍しい形のものが出たと、上の子が喜んでおります。

 

幸先よいね。

 

年末年始に色々買い替え、買い足しをしたのでそろそろ買い物をセーブする頃。

 

パジャマが1組→2組へ

ハンカチ2組→3組へ

下着2組→3組へ

(パンツは3組→4組へ)

(2組パンツを防災セットへ)

夏服を2着

冬服を1着

買い足しました。

 

特に重点的に買い足したのが下着類。

「パンツが3枚の女子は有り得ない」

と夫に言われました。

 

私は既に女子という域から抜け出ておりますので、女子と言われてすぐに

「いや、女子ではない」と否定いたしました。

 

「3枚足りるよ?

なんなら2枚でもやっていけるよ?」

なかなかこの辺の認識?価値観の差は埋まりません。

 

最近は、差を埋めようとしなくてもよいのでは?と思いはじめております。

 

とりあえず、パンツ3枚ローテーションは女にあらずとのことでしたので、3枚買い足し、2枚を捨てました。

これで4枚ローテーションに。

 

女ボーダー越えときました。

 

夏服はノースリーブトップスを4枚で回す予定。

冬服はニット3枚に、ブラウス1枚。

今年は18枚でオールシーズンまわすことになりそうです。