編んでほどいて、また編んで

趣味は編み物。ニッターでもシンプルライフがおくれるか試行錯誤の日々

今日もパンを焼く、そして服を捨てた

f:id:yamatoco:20180213102732j:image

 

物の役割を限定してしまうと、他に使えそうでも、使えなくなる。

脳が、例えば〝手ぬぐいは拭くだけ〟と思い込んでしまえば手ぬぐいは拭くだけで終わる物だけれど、何かの都合で鍋敷きが一時的に無い状態の時、買う以外に凌ぐ方法を模索する。

そこで〝化繊やシルクでなければ代用可能〟にいきつけたなら、そばにあった手ぬぐいで代用し、買わずに済む。

 

手ぬぐいはマルチに使えると認識する。

生活能力のレベルアップ。

 

そう思い出したら、物が少なくてもなんとかなるなぁ、と自信に満ちてくる。

 

この冬は私のパフォーマンス能力低下を実感し、それが底辺時でも家事全般ををこなせるよう、動線を見直した冬となりました。

と同時に、趣味の編み物の時間を確保するために何をどうしたら良いのか考えました。

 

結果

 

長袖インナーへの依存、現物を捨てました。

実用的でない服は捨てました。

洗濯洗剤を買わなくなりました。

食器、調理器具を減らしました。

食器棚をお譲りしました。

子ども服を捨てました。

子どもの動線も見直しました。

お酒の量を減らしました。

折りたたみでない普通の傘を捨てました。

おもちゃ、子どもの習い事道具を薬箪笥にまとめました。

 

明日に続く。

分かり合えない

思春期のこと。

 

友達という存在が欲しいけれど、友達になりたいと思う人がいない。

と飢えを感じておりました。

クラス移動は一人の時もあれば、誰かと一緒ということもありました。

 

クラスではいじめもあったので、いじめのターゲットが代わるたび、その被害者が私の所に来て、ターゲット解除になると去っていきました。

私は追いませんでした。

 

皆私にとっては、つまらない人達でした。

やりたいことがあって入学した学校でしたから、煩わしい事で目的を邪魔されたくありませんでした。

でも心の奥底では気の合う友達が欲しかった。

 

「いつかそう思える人が現れるのかな。」

漠然と思って過ごしました。

 

そんな時、母から

「あなたは、さすらいの孤独な狼らしいわよ」

と言われ、動物占いの本を渡されました。

「なるほどなぁ」

と私は思いました。

 

占いは信じておりません。

 

でも、そうなのかもしれないと腑に落ちました。

 

そんな思春期を過ごしたからか、自分の意志を曲げてまで、他人に迎合することが出来なくなりました。

私は、自分しか信じていない傲慢な人間なのかもしれません。

 

最近そんな性格が災いしてか、いわゆるママ友から批判を浴びました。

間接的に。

直接批判されれば説明できようものを。

 

批判の内容はPTAの運営が独裁的だというものでした。

 

次代に引き継ぐ際に簡素化し、

ただでさえ面倒くさくて、煩わしい。

誰もやりたくないものを片手間で簡単にできるものにしたいという思いからの行動でした。

 

しかし、

今までやってきたことを変えてはいけない。

次代のことは今考えなくていい。

今までなんとかやってこれたんだから問題ない。

そんな権限はお前にない。

変えたいならお伺いを立てなさい。

 

この真意は?

私達を否定するな。

片手間でやるなんて卑怯だ。身を削れ。

なのかと私には聞こえるのです。

 

よい解決策は無いかなと考えましたが、歩み寄りは無理との結論に達しました。

考え方が違いすぎて。

 

大人なのに。

こんな母ですまない。

 f:id:yamatoco:20180208190342j:image

仲間入り

 

赤い宝石

f:id:yamatoco:20180109100843j:image

ハウス栽培の苺が出回り始め、娘と毎朝ウキウキしている今日この頃。

 

柄にもなく苺が好きで、苺好きが娘に伝染?遺伝してしまいました。

 

農業技術の発達によっていつ何時でも欲しい野菜が手に入るのはありがたいことですが、一方で、自分の子は野菜や果物の旬を知らない子に育つのかなと危惧もしています。

 

まだ田舎に住んでいた頃、

〝都会の子は野菜がどう生えているかを知らない〟という話を聞いて、

「そんな馬鹿な。」

と思った記憶がありますが、このまま育てば自分の子らはそうなりそうです。

 

里芋の葉が大きくて、水を弾くとか。

ネギの花が意外にかわいいとか。

知らないよね。

 

田舎のあるうちに経験させておきたいものです。

 

今日から子どもが通い先に行き始めました。

明日からお弁当も始まります。

 

先ほど家事を終わらせたので、これからネイルを塗り直します。

やっと一人の時間が私に訪れた。

 

少し前、久々にジェルネイルをしたのですが、もちがいいこと以外にメリットを見つけられなかったため、

(取れかけの際、洗髪時に髪が爪とジェルの間に入る感覚に耐えられない泣)

速乾性があり、もちがよいと評判のOPIを購入しました。

 

f:id:yamatoco:20180109103210j:image

 

所々、やはり赤。赤が好き。

あけましておめでとうございます。

12月初旬から本格的に寒くなり、私のパフォーマンス能力が著しく低下したため、更新の頻度がめっきり少なくなりました。

 

雪国生まれ、雪国育ちのくせに寒さに滅法弱い私ですが、本年もよろしくお願いいたします。

f:id:yamatoco:20180106024700j:image

年明けに買ったお菓子から珍しい形のものが出たと、上の子が喜んでおります。

 

幸先よいね。

 

年末年始に色々買い替え、買い足しをしたのでそろそろ買い物をセーブする頃。

 

パジャマが1組→2組へ

ハンカチ2組→3組へ

下着2組→3組へ

(パンツは3組→4組へ)

(2組パンツを防災セットへ)

夏服を2着

冬服を1着

買い足しました。

 

特に重点的に買い足したのが下着類。

「パンツが3枚の女子は有り得ない」

と夫に言われました。

 

私は既に女子という域から抜け出ておりますので、女子と言われてすぐに

「いや、女子ではない」と否定いたしました。

 

「3枚足りるよ?

なんなら2枚でもやっていけるよ?」

なかなかこの辺の認識?価値観の差は埋まりません。

 

最近は、差を埋めようとしなくてもよいのでは?と思いはじめております。

 

とりあえず、パンツ3枚ローテーションは女にあらずとのことでしたので、3枚買い足し、2枚を捨てました。

これで4枚ローテーションに。

 

女ボーダー越えときました。

 

夏服はノースリーブトップスを4枚で回す予定。

冬服はニット3枚に、ブラウス1枚。

今年は18枚でオールシーズンまわすことになりそうです。 

創作意欲

f:id:yamatoco:20171207003503j:image

ヘリンボーン編みという技法を編み物の本で知って試し編みしてみたところ、裏地がいらないくらい編み地がしっかりしたのでポーチにしました。

 

白のレース糸で花を作り、余っていたビーズなどを使ってデコ中。

 

なかなかの出来だが、あともう一つデザインにパンチが欲しいところ。

 

アイディアよ降臨求む。

しばらくぶりです

11月の下旬、久々に海外旅行へ行きました。

準備やら何やらで心ここにあらず、半月ほど色々疎かにしがちで、帰国後現実に引き戻され、徐々に、きちんとしなきゃなぁ…。

と色々整理し始めております。

f:id:yamatoco:20171130170559j:image

 

旅行は楽しかったのですが、帰りの便で、ブッキングとロストバゲージに遭い苦い経験をしました。 

それだけならよかったのですが、一番嫌な気分になったのは

〝ブッキングとロストバゲージに遭い、クレームを言うに見せかけて、八つ当たりをする人を見た〟ときでした。

 

怒りはもの凄いパワーが必要で、もの凄い負のパワーを放出します。

せっかくの楽しい旅行も、ハプニングに遭い、怒りに任せて暴れまわってしまえば嫌な思い出しか残りません。

 

私は荷物がきちんと戻ってくるならそれでいいと思っていたし、対応してもらうまでの間、次回から手荷物を必要最低限、機内持ち込みのみにしようと頭の中でシュミレーションをしていました。

今回のことを教訓にしようと思ったのです。

 

が、怒りで暴れまくっていた人は、

 

今すぐ何とかしろ

(できないよ?)

荷物はまだ現地。

しかも翌日には自宅まで宅配と約束してくれていた。

 

僕たちのこと舐めてますよね。

(いや、現地の担当者はともかく、少なくとも、今、あなたの目の前にいる人はなめてないよ。)

 

僕はここで降りるからいいけど、トランジットの人はどうなるの。大問題だよね。

(あなたにそれは関係ないよ。)

 

ブッキングもロストバゲージも航空会社としてはよくないし、質も疑うけれど、たまに聞く話だし、起こってしまったものは仕方がない。

クレームを言うのが必要な時もあるでしょうね。

 

でも聞いていても、解決したい訳じゃなくて八つ当たり以外の何ものでもない攻撃。

解決しない。

これが一番辛かった…。

 

ただの愚痴。

解決しないね。これも笑

f:id:yamatoco:20171130173756j:image